日本では、2050年を目途に脱炭素化計画が進み、CO2を排出しないクリーンエネルギー社会へと移行しています。そこで脱炭素化社会への貢献として、2021年は太陽光発電システム導入が進むようになりました。太陽工発電事業では、経済的な効果がある為、売電価格の減少はあるものの、技術進歩もあり、今後も継続して需要はあると見込んでいます。以前と比べて設置費用が安くなり、発電効率が良くなった高性能な太陽光発電。また停電時の非常電源にもなることから、今後の太陽光発電は売電メインではなく消費メインに移行していくことが予想されます。

マツカワ工業アイコン11.png
​再生可能エネルギー市場動向
マツカワ工業アイコン3.png
マツカワ工業アイコン16.png

​※ 経済産業省 引用ページ